緑区好きです 中村友美のホームページ

2015-01-06

大津通の中央分離帯を取り払い、パレード通りにするという構想

カテゴリー > cat2 友美の議会質問集

2012./9月議会

・大津通の中央分離帯を取り払い、パレード通りにするという構想

【中村友美委員】

私からは2点質問したいのですが、まず、10月2日火曜日の中日新聞の夕刊1面に大きく載っており驚きましたが、名古屋市の河村市長が名古屋市栄の大津通の中央分離帯を取り払い、パレード通りにするという構想を打ち出して、その難題に市も警察も困っているという記事でした。
これを名古屋まつりが開かれる10月20日までにやるという話で、私自身も驚きました。
記事の中で、県警の交通規制課が、最終的には道路管理者である市長の責任で決めることだと言っていると書いてありましたが、むちゃくちゃだと思います。
警察本部としてはこの問題について、どのような方針を持っているのでしょうか。
地元の人たちは大変困っているし、いろいろな陳情も来ているようですが、警察本部の方針を再度お聞きしたいです。

【交通部長】

大津通の中央分離帯を撤去することについての警察の考えは、大津通は交通量が一日約3万5,000台の片側2車線トータル4車線の幹線道路であるとともに、同地区は県内でも有数の繁華街です。
歩行者、自転車の通行も多く、交通安全を確保する上では中央分離帯を撤去することは極めて問題があると考えています。
仮に中央分離帯を撤去した場合、車両が対向車線に進入することによる正面衝突事故や、歩行者や自転車が交差点以外で自由に道路を横断することが可能となるため、乱横断による交通事故の発生も懸念されます。
また、大津通は先ほど申し上げたように4車線あることから、法令では安全かつ円滑な交通を確保するため必要がある場合には中央分離帯を設置することとされています。
したがって道路管理者が交通の安全と円滑のために必要と認めて設置している中央分離帯を撤去する際には、撤去しても安全及び円滑な交通が確保されるという、合理的な理由が必要であると考えています。
現時点では、この件に関して名古屋市から具体的な協議あるいは説明等はないですが、そういったものがあった場合には、安全対策を含め、必要な意見等を申し入れていきたいです。

【中村友美委員】

そうすると、今のところ具体的に名古屋市との協議は始まっておらず、また、時間的にも期限が10月20日までと、差し迫っているので、中央分離帯の撤去については難しいという認識でよいのでしょうか。

【交通部長】

具体的な協議については始まっていません。
また先ほど申し上げたように非常に危険性が懸念されるので、名古屋まつりまでにというのは、まだ協議も始まっていないので難しく、不可能と考えていません。

中村友美の『県議会レポート』

2011~2015『友美の議会質問集』

友美の写真集

名古屋市緑区『地域情報』

ページのトップへ