緑区好きです 中村友美のホームページ

2015-01-06

基幹的広域防災拠点の整備について

カテゴリー > cat2 友美の議会質問集

次に、基幹的広域防災拠点の整備についてお伺いいたします。

愛知県は、平成13年度に都市再生プロジェクトで基幹的広域防災拠点の整備に名乗りを上げましたが、首都圏、京阪神圏での整備が決定し、愛知県は不採択となりました。
この不採択の結果は残念ではありましたが、昨年の東日本大震災から得た多くの教訓、課題は、その後の基幹的広域防災拠点のあり方についても多くの示唆を与え、東海地域への整備について、首都圏、京阪神圏以上の機能を持った新しい内容での要請を国に対してしっかりできるのではないかと思っております。
本県では、6月の補正予算で基幹的広域防災拠点に対する県独自の候補地調査費が計上され、調査が進められていますが、この地域の大規模災害発生への備えとして、基幹的広域防災拠点整備は大変重要なことでありますので、引き続き国への働きかけも強力に行っていかなければならないと考えます。
そこでお伺いいたします。
今回の調査における本県の基幹的広域防災拠点はどのようなものなのか、また、今後の整備に向けた進め方についてお伺いをいたします。

(知事答弁)

また、基幹的広域防災拠点の整備についてであります。
現在、調査は鋭意取りまとめ中でありますが、東日本大震災の教訓などを踏まえ、三連動地震等を視野に、この地域にふさわしい新たな基幹的広域防災拠点のあり方の検討を進めてまいりました。
現段階において概要を申し上げますと、そのコンセプトとしては、まずは初動時を中心に重要な航空機能の最大限の活用、津波の被害を受けない内陸部への拠点整備、また、発達した陸海空の交通網を生かし、県内の複数拠点や近隣県の防災拠点とも連携が図れる分散ネットワーク型のものとすることなどであります。
さらに、平常時におきましても、大学等との連携による災害時の対応戦略の研究、近隣県等との合同訓練の実施や、県民の皆様等への教育・啓発施設として活用し、防災力の向上に資するものとして整備を行うものであります。
候補地につきまして、司令塔機能を有するコア拠点といたしましては、航空機が活用できる県営名古屋空港、または行政機関が集まる三の丸地区が有力と考えられ、物資、人員の集結機能を有するサブ拠点としては、愛・地球博記念公園や新城総合公園、名古屋港などを検討いたしております。
今後は、国に本県の調査結果をお示しして、構想策定に向けた調査を促すとともに、県内の産学行政の共通認識となるように取り組み、地域一体となって国に早期の整備を要望してまいりたいと考えております。

中村友美の『県議会レポート』

2011~2015『友美の議会質問集』

友美の写真集

名古屋市緑区『地域情報』

ページのトップへ