緑区好きです 中村友美のホームページ

友美のブログ

2018-01-30

人生初のギネス立会

Category > その他

 

 

 

人生初「ギネス登録」の証人として立ち会いに参加しました。尊敬する「福寄せ雛」プロジェクトの代表吉野孝子姉さまの「帯の個人コレクションの登録」1時間半かけてイッポンイッポン数えました。4,516本。ひとりで集めたなんて凄いわ❣️会場となった白鳥庭園も素敵だった❗️登録が楽しみ〜❗️

2018-01-28

新春のつどい

Category > その他

 

衆議院議員近藤昭一さんの「新春のつどい」が開催されました。会場一杯の参加者。近藤さんのオレンジカラーは、いかなる闇をも照らし、いかなる寒さも和らげる、「太陽」のような愛の心。

2018-01-11

民進党重点事業等調査研究会1日め

Category > 未分類

総務部

1 主要プロジェクトの進捗状況等について

① 平成30年財政状況の試算

2 平成30年度当初予算の重点要求事業について

① 県有施設長寿命化推進事業費

政策企画局

1 平成30年度当初予算の重点要求事業について

① 次期国際戦略プランの策定

県民生活部

1 平成30年度当初予算重点要求事業(県民生活部)

2 主要プロジェクトの進捗状況等について

防災局

1 平成30年度当初予算の重点要求事業について(防災局)

2018-01-06

喪失体験をした子どもに寄り添い一支えるために

Category > その他

 

同じ、親を亡くした仲間である野々山さんから「喪失体験をした子供に寄り添い、支えるために」講演会とファシリテーター養成講座を開催するのでぜひ来てほしいと言うお誘いを受け参加をしてまいりました。

時間の都合上ファシリテーター養成講座には参加できませんでしたが、講演会には参加をさせていただきました。

 

講演会の講師には、東日本大震災の遺児らに寄り添う活動続けている、佐藤利憲さん福島県立医科大学講師。

死別体験をした子供の反応は、心理的反応、行動的反応、身体的反応、スピリチュアル的反応様々あり、支援としては日常的な支援、プログラムなどによる支援、専門的な支援様々な支援があることも理解できました。

私がよく使う「気持ちはよくわかりますよ」は逆に死別体験をした人を傷つける可能性があることも教えていただきました。

 

この講演の目的は、愛知県内で日常的に子供を支えるための「グリーフサポートあいち設立」を願う団体が主催をいたしました。

 

グリーフサポートあいち設立準備会は、病気や事故、自死、災害など大切な人との死別を体験した子供たちが集い、様々な気持ち(グリーフ) や経験を表現したり、分かち合う「クリフプログラム」の開催を目指しています。

 

私も親をなくした経験から何かお手伝いすることはないかと考えています。

2018-01-05

中村友美後援会新年祈願祭

Category > 後援会

 

 

中村友美後援会新年祈願祭。生かされ導かれていることを感じさせていただきました。

2018-01-01

2018年 感謝して生きる

Category > 母との絆

 

感謝して生きる

海の果てから

海の彼方から

波が寄せてくる。

 

遠い国から

空の向こうから

風が吹いてくる。

まだ名もなく

形もない

カオスを運んでくる。

何もないところから

一切を生み出す

願いを乗せてくる。

未来をつくり

新しい世界を導くために

生まれてきた者たちよ

海の向こうから

光の彼方から

その時が近づいてくる。

 

 

 

 

時の流れの中で、カオスは運ばれてくるのだろうと思う。私にとって2018年は本当に大切にしなければならない年だと思います。

多くの人々に感謝をし、日々の出来事を学び、自分が生きている本当のことを学んでいく。結実した年とありたい。

今年も多くの出会いがある。それを大切にしていきたい。

中村友美の『県議会レポート』

名古屋市緑区『地域情報』

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページのトップへ