緑区好きです 中村友美のホームページ

友美のブログ

2017-06-27

健康福祉委員会開催

Category > 県議会

 

6月議会 所属する「健康福祉委員会」が開催されました。

健康福祉総務事業費「熊本地震医療機関等災害救助費負担金 28.293千円の補正を審議採択した後、一般質問に入りました。

私は、「女性保護施設について」「骨髄ドナーについて」の2点を質問しました。

女性保護施設については、①今年4月の新聞で平成27年度の婦人保護所の一時保護所の入所率が全国平均35.2%であり、愛知県でも33.7%である。この低い入所率をどのように受け止めるか。

②DV被害者でも一時保護所に入所できない人もいると新聞報道ではありますが本県では具体的にはどういう人が一時保護に入所できないのか。新聞の報道によれば、

③外国人の方、例えばフィリピン国籍の方など在留資格期間が切れているオーバーステイの状態でDV被害に遭った場合にどのような対応になるか。

④女性相談員の待遇だが、変則勤務で精神的にも大変厳しい職場環境であるにもかかわらず低額であり、名古屋市に比べても低額であるとお聞きしている。女性相談員の働きに報いるためにも、報酬の引き上げを検討したらどうか。また、多様・困難な相談に対応するためにも相談員の資質の確保が必要であり、資質向上のための研修を充実させることが大事であると考えるが、研修の現状と充実に向けた考え方を開く。

⑤相談者の方が電話相談をすると電話代がかかるが、その負担を軽くするために無料で電話ができるフリーダイヤルを秋田県は行っている。女性相談センターでフリーダイヤル化が検討できないか。

⑥配偶者から暴力防止及び被害者支援基本企画、いわゆるDV計画について第3次計画が平成25年度から平成29年度までの5年間となっている。平成30年度からの第4次DV計画は、どのような考え方で策定するのか。

    骨髄ドナーの助成について

①昨年12月議会の代表質問や本年2月の健康福祉委員会において、骨髄ドナー助成について他の自治体の制度やその事業効果を検証するなどして、研究を進めていく旨の答弁があったが、その後、全国の自治体の実施状況はどうか。

②埼玉県では、全ての市町村が助成事業を行っているのに、愛知県は3市町に留まっている。県が事業費の一部を補助するなどして、事業を実施している市町村の後押しができないか。

2017-06-22

ガーデンふ頭開発基本計画(中間とりまとめ)に関する意見募集

Category > 名古屋港管理組合

 

 

名古屋港は、1907年(明治40年)に開港しました。今や総取扱貨物量及び貿易黒字額が日本一の港へと発展しました。

ガーデンふ頭は名古屋この内奥に位置し、名古屋港水族館、ポートビル、臨港緑地等整備されましたが、さらなる発展のため「ガーデンふ頭再開発基本計画」を本年秋ごろに策定する予定となりました。

その民にこの度意見募集をすることになりました。

 

クリックして下さいガーデンふ頭再開発基本計画に(中間とりまとめ)に関する意見募集

2017-06-03

第33回有松絞りまつり

Category > 緑区

中村友美の『県議会レポート』

名古屋市緑区『地域情報』

2017年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページのトップへ