緑区好きです 中村友美のホームページ

友美のブログ

2014-02-19

2月定例県議会開会

Category > 県議会

今日は開会日インターンに感想を聞いてみました。

 

①愛知県二月定例県議会の開会を傍聴して

 選挙で有権者として選挙で選出される議員の方々を見て、私はこれが民主主義に基づく議会であり、あらためて実感するとともに、とても緊張感を感じました。テレビや新聞で見る議員の方々の名前を見て、本当にこの県庁で働いていると実感しました。一人一人がしっかりと選挙に行くことは大切だと思います。一人一票しかないけれど、この経った一票がこの議会に反映するとともにその一票で愛知県の政治を動かす原点になっていると思います。まずは、選挙があれば、投票に行くという意識を皆が持つべきであると感じました。

②知事提案説明要旨を読んで

 説明要旨の冒頭がとても意外でした。最近の時事から話題を発展させ、議題に入っていたのでとても聞きやすい感じがしました。ソチ冬季オリンピック・パラリンピックは国を挙げて日本の全国民一つになって、今も遠いソチで、日本代表選手の皆さんは闘っていると思います。愛知県も日本の一つの都道府県であり、愛知県民はもちろんのこと、私も応援しています。スポーツだけでなく、政治の現場における様々な政策においても県民全体が団結して、達成することができるのではないかと考えました。

 「世界に発信する愛知」というテーマがありました。今まで開催されてきた「あいちトリエンナーレ」や「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」などは、世界的な行事であり、自分が好きな街、愛知県・名古屋で行われたことにとても誇らしく思いますし、ますますこの街を皆様に知っていただければとてもうれしく感じます。今年の11月に「持続可能な開発のための教育(ESD)に関するユネスコ世界会議」が開催されるということでこれからまた盛り上がる愛知県で私も何かできることがあれば参加したいですし、学ぶことはたくさんあると感じました。

 知事はたくさんの分野で、提案説明をされていましたが、多くの分野をすべて国民の希望通りのいくことができるわけではないと思います。また、より多くの意見を取り入れていかなければならず、政策を進めていくことは難しいものだと感じました。

 今日は、政治を身近に感じることができた充実した楽しい一日でした。

武田

 

愛知県2月定例議会を聞いて

梶田恭平

 

初めての経験をさせてもらいました。テレビや新聞などで議員の活動を拝見する機会は何度も見てきましたが、生で見るのは初だったので少し感動しました。テレビで見たときの雰囲気とは違い緊迫していて少しのしごきもできないくらいの張りつめたものがあり、普段の生活では経験できない世界を知ることができ良いものを見させてもらいました。近い将来、就職活動をするときにはこの経験は関係ないかも知れませんが、愛知県を支えてもらっている方たちに出会えたことが良かったです。あと、大村知事のスピーチはさすがだなと思いました。よいお手本をみたのでこれを無駄にしないようにします。

 

まず感じたのが分の量が多くてびっくりしました。こんなにレジュメを作ったことがないのだからかもしれませんが、1つの内容と他の内容をつなぐ接続語の使い方が違うなと思ったので参考にしていきたいと思いました。さまざまなテーマが出た中で、僕が1番興味を持ったのは女性の活動支援、子育て支援です。大学の授業やゼミでもしばし取り上げていたので軽くですが知っていました。定例議会でもその話がでて凄く関心が出てきました。今の社会は景気が回復に向かっていますが依然と景気は悪いように思えます。こういう状況では企業も雇用に関してはここ数年慎重に行っていくしかないみたいです。なので今いる社員、男性だけではなく女性にも目が向けられているといったことでした。しかし、一般的に女性は出産を機に仕事を辞めていってしまいます。昔ならそれでもいいと思いますが、今の若者、特に男性はすぐに会社を辞めてしまうので、企業は女性にまで出産を機に辞められたりしたら人手不足の状況におちいってしまい悪い方に向かっていく可能性があります。なので女性を支援していくんだという考え方が出てきたのかなって思いました。 

2014-02-07

JR南大高駅早朝行動

Category > 緑区

皆さん、こんにちは。

はじめまして、名城大学生の武田です。

よろしくお願いいたします。

名城大学のインターンシップで、中村友美先生の事務所に来させていただいております。

毎日貴重な体験をさせていただいており、とても楽しいインターンシップを送っております。

中村先生や事務所の方々に、感謝申し上げます。

今日は、とても寒い中、たくさんの方にご挨拶をさせていただきました。

このような活動は初体験だったので、まずは自分のできることから始めようと思い、笑顔で元気な挨拶をしようと心がけました。

自分から進んで気持ちの良い挨拶をすることで、相手の方からも笑顔で挨拶を返していただきました。

挨拶はとても大事であることをあらためて実感することができました。

今日学んだことを生かすとともに、まだまだ、これからもインターンシップで多くのことを学びたいと思っております。

はじめまして、名城大学のインターンシップ制度で中村友美さんの事務所にお世話になっている梶田です。

中村友美先生、事務所の方にはいろいろ迷惑をかけてしまっているにも関わらず優しく対応してもらい感謝申し上げます。

なかなか体験できないところに連れて行かせてもらうので楽しくインターンシップ実習をさせていただいています。

僕は名城大学の経営学部に在籍し経営学を中心に日々勉強させてもらっています。

まだまだ経営学の知識が足りないのでこれからもっと経営学を学んでいくつもりです。

今日は早朝に選挙活動の手伝いをさせていただきました。

一般の方にちらしを配る作業を会員の方とやらせていただいたんですが会員の方10枚以上渡していたのに関わらず僕は5,6枚しか渡すことができませんでした。

断れることを恐れて消極的になってしまったのでもっと積極的にいけば良かったと後悔しています。

このような機会を頂いて渡す側の方の気持ちが少しは分かったので、この経験をいかして日々過ごしていきたいと思っております。

例えば、相手の置かれている状況を考えて、その状況に自分が貢献できることなら積極的に動いていこうというようなことです。

これからもインターンシップはまだまだあるのでいろんな経験をしていきたいと思っております。

中村友美の『県議会レポート』

名古屋市緑区『地域情報』

2014年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
ページのトップへ