緑区好きです 中村友美のホームページ

友美のブログ

2011-05-30

知事への提言書

Category > 県議会

県民の幸せに繋がる「あいち」づく

りに向けて

政権交代後の国政運営の中にあって、米国のサブプライムローンに端を発した世界規模の急激な景気後退、原材料や原油価格の高騰などにより「モノづくり」を中心とする本県経済は大きな影響を  受け、県税収入は2年間で5000億円減収する一方で義務的経費は増加傾向にあり、県債残高は実に一般会計2年度分を上回る4兆7千億円を突破するなど、県財政は危機的状況が続いている。

そうした中、エコポイント制度など政府の経済対策により、僅かながらも明るさが見え始めていたが、3月11日に発生した東日本大震災は、モノづくり拠点として東北地方に集積しつつあった地域を一瞬で壊滅し、多くの人命が失われる未曾有の災害をもたらした。

この地方においても、東海地震、東南海、南海地震が連動して  近い将来に発生することが想定されおり、全てが想定外であった 今回の震災を大きな教訓として、災害対策を根本から見直し、県民の命と生活を守るための災害時におけるリスクの分散と平準化への取り組みが何よりも重要であり、本県の財政状況に更なる重圧が のしかかってくる事は論をまたない。時代はまさに大きな転換期を迎えており、県民にとって「目先が見えてくる」取り組みが喫緊の課題である。

知事マニフェストの柱である「県民税10%減税」と「中京都の創設」等は、県民に「目先が見えてくる」取り組みであるのか、   財政状況や事業の優先度について、「是々非々」の判断をし、平成  23年度補正予算の編成に際しては、限られた予算の中で、県民の皆さんの不安を少しでも払拭すべき事業に優先的に配分すべきと  考え、以下、8つの項目について提言する。

2011-05-29

大雨警報で中止

Category > 緑区

緑区の水防訓練が朝10時から新海公園で行われました。しかし、台風による大雨警報も出ており、すぐに中止になってしまいました。

「ただいま」と家に帰ると夫が「こんな時こそ、やらなかんのじゃないのか」って言われてしまいました。でも、あの雨では・・・・。

隊員の皆様ご苦労様でした。

2011-05-28

経友同窓会

Category > 未分類

名城大学経友同窓会の会合があり、ある事情から経友同窓会長のお役を引き受けさせていただくことになりました。

前会長の後を引き継いでいくことは身の引き締まる思いがしています。

とにかく経友同窓会発展のために力の限り尽くしていきたいと思います。

是非、皆様のご協力を賜りたくお願い申し上げます。

さて、世の中は今年3月11日の東日本大震災以降大きく変化してきております。人の心も大きく変わりました。震災の津波で私たち人間が築いてきた多くの豊かさが流されてしまいました。しかしそこから新しい心「温かい心、思いやる心、いたわりあう心」が生まれてきたと思います。

そして何よりも私たちが大切にしなければならないものは、人と人との絆ではないかと感じています。

経友同窓会は、世代はちがっても同窓生という絆で綿々と繋がっています。

だからこそ大切にさせて頂きたい。極みまで大事に守り育ててまいりたいと思っております。

そのために、会員相互のコミュニケーションはもちろんの事、世代間を超えた意見交換会や連携を展開しながら、学生だった「あの頃」の気持ちを沸き上がらせて、一人ひとりが輝いて活動していくことが日本再生への道にもつながっていくものと確信しております。

私はそのお手伝いをさせて頂きたいと願っています。

2011-05-16

DV相談

Category > その他

私たちは日々いろいろな相談を受けます。

その問題解決に走りまわっています。

今日はDVの相談を受けました。当事者の身内の方のお話を3時間ほどお聞きしました。

プライバシーの関係で何も書けませんが、長くかかりそう、でも急がねばなりません。

何よりも子供たちのケアも要ります。一時保護所もいっぱいと聞いています。

民間に助けてもらおうか。

専門化のお友達に電話してみました。最近は特に相談が多いとのこと・・・。

彼女たちの苦しい思い応えたい

2011-05-15

慰霊祭

Category > 行事

A10:00  桶狭間古戦場慰霊式典

毎年 永禄3年5月19日の今川義元公の命日にちなみ、古戦場保存会行事の一環として桶狭間合戦戦没者の慰霊祭が桶狭間古戦場公園で行われました。

昨年は桶狭間の戦いから450年の記念として「近世の曙」と表した銅像が建てられました。今年は戦没者慰霊祭と同時に東日本大震災の慰霊も行われました。

今日は一日この周辺で関連行事が行われました。

A11:00   丸根砦慰霊祭

丸根砦は、永禄2年に織田信長が今川義元の尾張侵攻に備えて、今川方の大高城に対峙し、鷲津砦共々築いた砦です。

永禄3年、桶狭間の合戦の時、大高城に無事に兵糧を搬入した松平元康(徳川家康)が、佐久間大学盛重が守る丸根砦を今川勢の先鋒として攻められました。

長年放置されてきましたが20数年前に地元の有志の方々によって整備され毎年この時期慰霊祭が行われております。地域の多くの方の参加があり、今川軍と最前線で戦った彼らを思いました。

Pm 葵 美里 歌謡祭

第20回葵美里先生の歌謡教室発表会が緑文化小劇場で開催されました。

この発表会も20回を節目にとりあえずピリオドを打つそうです。葵先生はとても律儀な方で人との関係をとても大切にされます。

ですから生徒さんも大変多くお互いの絆が結ばれていることをよく感じます。

それも私は何よりも御兄妹がとても仲がいいことに起因していると思っています。

本当に仲がいいです。今日も「中村さん、兄がこの時間帯でご挨拶をいただいた方がいいと言われたのでこの時間で」、お兄さんはお兄さんで「妹が皆さんにお世話になっている」と皆さんに頭を下げておられます。

すばらしいと思います。ちなみにお兄さん3人の先生は末っ子です。

2011-05-14

あしなが育英会

Category > 未分類

第30回あしなが育英会評議員会議事録が送られてきました。

交通遺児の支援から始まったあしなが育英会は震災・津波遺児も含め全遺児のケアを網羅しています。

あしなが育英会は、奨学金と心のケアを中心に行ってきまいた。特に阪神淡路大震災では震災遺児に対し他の遺児が積極的に関わり全国で初めて遺児の心のケアを行う「神戸レインボーハウス」が建設されました。

育英会ではこの新聞にもあるように0歳から大学院生までの生活支援する「特別一時金」も即手配しました。

今後東北レインバーハウスを建設する準備に入っているようです。

東北レインボーハウスをセンター的にし、各地にサテライト的なものをつくり大量のファシリテーター(心のケアボランティア)を育て社会を優しくすることを目指し活動に入っています。

私もその少しでもお手伝いが出来たらとてもうれしい。

2011-05-13

重大な問題なので

Category > 県議会

大村知事から重大な問題なので経緯を説明したいと話がありました。

中部電力の浜岡原子力発電所の4号機、5号機の停止に伴って知事のこれまでの対応について説明がありました。

昨日知事は浜岡原子力発電所の停止にかかる経済界、労働界等の意見交換会を県庁で開催をしました。

本県は産業県であり、電力・エネルギーの安定供給の確保は言うまでもありません。

問題なのは火力発電にすると2500億円の負担増になり知事は「国からの要請で止めるのに地元の負担はおかしい」と力んでおられました。

一丸となって国にあたりたい。という内容のものです。

16日には民主党の県連代表とも知事は会う予定と聞いています。知事の10%減税の公約実現を考えていくとなかなか厳しい判断を知事はされなければならないのではないかと思っています。

政府は今日東電、東北電力管内の節電を15%と決めました。

浜岡原子力発電を止めますと、75万KWの応援融通を取りやめ、武豊火力発電3号機を上乗せすると、供給予備率は2ないし3%でとても心配なところがあります。

この地域でも節電は重要事であります。

2011-05-02

inori

Category > その他

颯爽と  進んでゆこう。

めざす場所へ  目的に向かって

恐れることなく   脇目もふらず

近づいていこう。

どれほど世界が複雑でも

どれほど時代が疲れていても

どこまでも  まっすぐに

歩んでゆこう。

その切実さが   壁を乗り越えさせ

その徹底が   道を切り開くだろう

2011-05-01

ジョイフルダンス

Category > その他

第15回2011ジョイフルダンス 春の祭典に出かけてきました。

会場は名古屋市公会堂4階ホール。ダンスの競技はこの公会堂4階で行われることが多い。ホールが床張りのためダンスシューズを履くことが可能だから。

正午の12時スタートし第1部はアマチュアコンテストが開催されました。

私は第2部愛好者紅白戦をいつも観させていただきています。

またこの紅白戦は愛知県知事賞争奪戦となり白組、紅組分かれてのコンテストです。

被災地の方を思いながらのダンスは美しさの中に優しさを感じました。

ごあいさつ

2011ジョイフルダンス春の祭典開催心よりお喜び申し上げます。

日頃は、中部総局プロ選手会愛知県支部の皆様には何かとお世話になっております。

ダンスを披露するということは観ている方々へ「感動を与えるもの」と私は思っています。

今、日本中の人たちが「がんばろう日本」と東日本大震災で被災された人たちへ様々な応援メッセージを送っています。

直接出かけられる方、物資を送られる方さまざまです。

私たちは本日のダンスを通じて応援させていただいていると思っています。選手の皆さんが被災地の方のことを思いながらのダンスは優しい光を発するでしょう。

今回の震災は豊かさの象徴が全部流されてしまいました。

しかし、その中から私たち人間が本来持っている「支えあう心。優しい心、明るい心」そんな心が引き出されたと思います。その心はダンスにも共通するものがあります。

今祭典はそんな意味でとても意義深い開催であると思います。

皆さん、大いに心を込めてダンスを踊ってくださいね。

中村友美の『県議会レポート』

名古屋市緑区『地域情報』

2011年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページのトップへ