緑区好きです 中村友美のホームページ

友美のブログ

2011-01-10

成人式

Category > 行事

新成人の皆さんおめでとうございます。

今日本は、じわじわと滅びていくか、それとも蘇生への足場をつかむのか分岐点に立たされています。

日本は過去少なくとも二つの大きな敗北感に見舞われています。

一つは、江戸時代末期。突如出現した黒船に象徴される圧倒的な西欧文明の力の前に屈して、開国を余儀なくされたとき。もう一つは、第二次世界大戦で主要な都市壊滅的な打撃を受け、焦土化した敗戦の経験です。

しかし、日本はベンチャー企業のチャレンジと国民のすばらしい勤勉によって見事に復興を果たし、ジャパンアズナンバーワンとも形容されるほど経済的な発展を遂げました。

今、三度目の危機を突きつけられています。

日本には超えなければならない5つの課題が存在しています。

① 人口減少と少子高齢化の同時進行

② 年金などの社会保障の危機的破綻

③ 10年を超える長期デフレ

④ 20年後にはGDPが中国の4分の1になるという事実

⑤ 国、地方の債務残高は数年後にGDPの2倍になる

以上5点だといわれています。政治的にも改善の努力をしていますが、若い方の生き方にも係わってくるかと思います。

ノーベル化学賞を受賞された根岸英一さんは「賞を取ることよりも、そこにいたる過程が大切。若者よ海外に出て勉強してください」とメッセージを発しています。

海外留学生が4年連続して減少している現状で、日本の経済は停滞・混乱していくのが危惧されています。

まさに、日本再生は、一人ひとりの再生から始まる

2011-01-06

感謝状贈呈式

Category > 行事

  先日ある新聞を見ていましたら、デフレや円高、産業の空洞化でも業績を上げている企業について研究をしている人の話が記載されていました。

その方は40年に渡って優良企業の力の源を探っています。

優良企業のついてはいくつかの共通点があるそうです。

それは、社員とその家族、下請け、高齢者や障害者いわゆる弱い立場に置かれがちな人の幸せを大切にする企業が好成績を維持している、という中身でした。

「リストラにおびえる社員が、自慢できる商品を作れますか」がその方の自論です。

これは会社だけではなく社会にも当てはまるものです。

いつ交通事故にあうか、犯罪にあうか、暴力に巻き込まれるか、びくびくして生きなければならない社会は何の発展も明かるさもありません。

社会が明るくなるためには犯罪を減少させることは言うまでもありません。

愛知県では平成16年「安心安全まりづくり条例」を制定し、多くの方の賛同をえ地域での防犯パトロールも活発に行われてきました。

警察も犯罪情報を積極的に公開しながら地域と一体となって防犯にも努めてくれています。

私たちは遠くで事件が起こっているという意識から「ご近所の問題」として捉え、さらには一人ひとりの問題としていかねばなりません。

一人ひとりがしっかりと関われば世の中変わっていきます。

2011-01-05

新年祈願祭

Category > 後援会

中村友美後援会の新年祈願祭を豊藤稲荷神社で午前10時より行いました。

この行事は毎年5日に開催させていただいております。

豊藤稲荷は私の住む学区内にあり、高校生のときは秋のお祭り、お正月に巫女さんのバイトをさせていただきました。

高校の同級生の関係です。そんな過去のご縁が今もこのこのような形でお世話になるとは、そのとき誰が想像できたのでしょうか。

ありがたい。とはこのことでしょうか。いつも豊藤に来させていただくと、不思議な気持ちを抱きます。

お忙しい中、ご参加くださった後援会の皆さん、近藤昭一衆議院議員、大塚耕平参議院議員、岡本康宏市議会議員ありがとうございました。

2011-01-03

祈り

Category > その他

今日は母の実家に夕方行きました。実家と言っても遠いところではありません。熱田区金山町です。

母も今月で81歳。元気にしてくれているのが何よりありがたいです。

「今」とは

一切を孕む混沌である。

 

ここから

光と闇が生まれ

物質と精神が流れ出し

過去と未来が紡がれてゆく。

 

だから

新しい物語を

始めよう。

やがて

あらゆる時と場が

意味に満ちた

力を取り戻すように。

きっと

すべての人生が

変わることのない

輝きを放つように。

 

「今」とは

一切を形づくる母体である。     T・K

2011-01-02

100歳

Category > 後援会

今日ご挨拶回りで100歳の高齢者とお会いしました。

その方は私の後援会員のお父様。

その方からは時々お父様のことはお話に聞いていました「90過ぎた親父がいる。時々見に行っているんだ」と。

私もそれなりに想像はしていました。お年寄りの・・・・・。

しかし実際お会いをしてびっくり、顔のしわもあまり目立たない、言葉もしっかり、ちょっと歩くのがきついのか杖の支えが必要。

100年生きてこんなお元気の方に出会え私は人間ってすごいな。この方の人生を聞いてみたいと感じた次第です。

日本は長高齢化の社会に突入です。ありがたく人生を送れるように小単位の中で福祉を充実させていくことが大切。

私たちの前に果てしなく広がる世界ーー。

それは

あなたの内なる願いと使命を

輝かせるための場所。    T.K

2011-01-01

あけましておめでとうございます

Category > その他

 

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

さて私は、忘年会の流れから、鳴海の如意寺に除夜の鐘を突きに行きました。と堂々と書きたかったのですが、一緒に行った次男が「僕はいい」というのでついてる人を見て、無料のコーヒーを夫といただき帰路につきましたが、途中の円道寺さんが多くの人でにぎわっていたので寄ってみました。

おぜんざい、焼き芋境内は参拝者で大賑わい。

知り合いに出会ったので「すごい人ですね」というと「毎年こんなもんよ。友ちゃんも毎年来んといかんよ」と言われてしまいました。

私も早速、お参りをさせていただきました。

今年は、選挙、選挙の始まりです。

わたしも「本当の必要に応えることができるように頑張ります」

中村友美の『県議会レポート』

名古屋市緑区『地域情報』

2011年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページのトップへ