緑区好きです 中村友美のホームページ

2018-10-24

愛知県議会文教委員会視察2日目

 

今日はフリースクール札幌自由が丘学園 と 北海道開拓の村  の視察に行ってまいりました。

まずフリースクール札幌自由が丘学園ですが、教育機会確保法(平成28年に議員立法により制定)により、学校以外における多様で適切な学習活動の重要性が法的に位置づけられる中、フリースクール札幌自由が丘学園では、学校とは異なる居場所、遊びの場として教育機関等と連携しながら、不登校児童生徒の学習支援等を行っています。その取り組み内容や成果あるいは課題等を調査いたしました。現在北海道には約5000人の不登校児童が存在します。そういった中で不登校児童に対しフリースクールの形をとりながら事業や特別活動など様々な教育的関わりを通じて成長の場を提供するため、25年にわたる活動をこのフリースクールは行ってきました。札幌中学学園には毎年約15名から30名の小学生中学生が登校しています。何かの授業を見学させて頂きましたけれども皆さんとても自由ででも一生懸命先生のお話を聞いていました。いろいろな理由で不登校になってしまった子供たち、まだまだ将来がある子供たちぜひがんばって欲しいと思う。しかしお金の面の苦労はここでも起こっています。不登校のために不登校の児童のために自主的に作られた組織ではあり、公的補助はわずかです。札幌市役所からは2,000,000円の予算が出ているそうですがやはり厳しい状況です。今学園ではクラウドファンディングをスタート寄付を募っています。先生方も半分ボランティアです。

私も辛い思いをしました。

 

 

続いて北海道開拓の村を視察いたしました。北海道開拓の村では、明治から昭和初期の建造物を通じて開拓器の歴史、生活と伝えています。一方で経年劣化により補修を要する建造物が増加していることから、ボランティア、企業等による補修作業等の取り組みを行っています。こうした近代文化財の保護や曲への活用に係る取り組みについて調査して参りました。

まず恥ずかしながら北海道に開拓の村があることを知りませんでした。 1983年4月に開村子開拓当時の生活を体感的に理解してもらうことと文化の流れを示す建造物保存し後世に長く伝えることを目的としています。

 

 

 

 

中村友美の『県議会レポート』

名古屋市緑区『地域情報』

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページのトップへ